FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

cebu13.jpg


このタイトルにピンと来た人は、旅通ですね
フィリピンのセブ島沖にあるカオハガンという小さな島の物語です
この島は、崎山さんという日本人の人がオーナーになっている。
もちろん現地の人も住んでいて、一緒に暮らしている。
本が出ていて、僕も読んだことがあり、行って見たいと思ってたら、一昨年の正月にフィリピンに行く機会があり、それならと大枚をはたいてカオハガンに行くツアーに申し込んだ。
綺麗な島だった。素朴な人たちが暮らしていて暖かそうな雰囲気だった
南の島で、のんびり・・そんな夢を描いていた頃もあった
性格上、出来ればのんびりしたいほうなので、南の島は楽園のよう
1日中、海を眺めていることも出来る・・・・
そんな所にいれば、ストレスを感じる事もない。
ストレスが無ければCDの再燃も少ないのかな・・そんな事も思う。
ニュージーのクィーンズタウンで働いていた時も、忙しかったがストレスは無かったな~
そんな環境が日本にあればいいんだが・・どうしてもストレスを感じてしまう事が多い。
ま~CDという病気と一生付き合っていかないといけないので、ぼちぼち考えるさ・・・まだ時間はある。
そのうち、根治療法が出てきて、治っちゃったっていう具合にはなりませんかね^^;
CDとして確定してから半年、少し考えたりしてます
これからのほうが、ずっと長いんですからね^^
みんな頑張って生きましょう~

南の島でのんびり・・・それが理想だな~~
スポンサーサイト