FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

今日、小腸造影してきました。
予定通り13時半にならないと先生は来ないらしく、検査服に着替えて待つこと15分・・・
来られたのは、内科消化器部長のH先生、うちの主治医、まだ若いので検査を一緒にするのは、前からなんですが、肝心の主治医が来ない・・
H先生曰く、他の検査が入ったので、来れないらしい・・ま~前もほとんどH先生が検査されたので、一緒かと思いました。
鼻から管を入れていくのに、麻酔のゼリーを鼻に垂らし一気に入れていく。
今回は喉もすんなり通ったが、胃の出口で引っかかったらしく、出したり入れたりして悪戦苦闘していた。
とうとうガイドまで入れてやっと挿入完了
バリウム流しながら、空気も入れるので、お腹が張ってくる
体位を動かしながら、お腹押さえながら何枚も写真を撮る
縦走潰瘍や狭窄の声は聞こえるが、モニターが頭の上にあってなかなか見辛い。
そうこうしているうちに、検査終了と声が掛かる
始めてから30分、早いほうなのだろうか?
結果は来週の外来の時に教えてくれるらしい。
終わった頃に、うちの主治医が来て、H先生と画像見ながら、話をしていた。
さすがにお腹がすいた。
会計をすると2960円、今月はこの前の外来もあるので限度額までいくか・・と思ったが、予想以上に安かった
小腸造影916点・・1万円しないんだ、CTとかのほうが高いのね
車に持って来ていた桜あんぱんとエレンを飲み食いして、少し落ち着いた処で車を走らせる。
帰って来たら、疲れていたのか、コタツで久し振りに昼寝をした
ぐっすりとはいかないが、気持ちのいい眠りだった。
さて、今日の結果はどうだったんでしょうか?
狭窄の具合が分かれば、レミケの件も考えられる
今日、分かり辛ければ、大腸内視鏡+ロングチューブによる回腸造影もやる予定だったが、取り合えずやらないみたいです。
来週木曜日の外来の時に結果を教えてもらえる。
楽しみでもあり、不安もあるんですが・・・
H先生が言うには、「炎症は前よりいい」・・それっていつの炎症?
うちの主治医も、頑張って考えてくれてるみたいなので、相談しましょう
取り合えず、小腸造影終わりました。
ホッと一安心です・・・この検査は、まだましなほうかな^^
疲れるのは変りませんが・・・
スポンサーサイト