FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

uigru01.jpg


先月から始めた毎月のTOP写真の変更
今月は、中国新彊ウイグル自治区にある小さな村の朝の風景
名前の通りウイグル族が暮らすエリアだが、日本人にはシルクロードのほうが分かり易いかもしれない
中国を旅したのは、1988年(今から19年も前のこと)で、開放政策が取られ、外国人が少しづつ旅が出来るようになった頃。
その頃、中国の人口は10億、色々な民族が暮らしていて、色々な宗教が存在していた。
このカットの民族ウイグルは、イスラム教を信仰しており、僕が始めて接するモスリム(イスラム教徒)だった。
どんな宗教なのか、少しは知っていたが、初めて目の当たりにすると、びっくりする事も何度か・・・
日に5回の礼拝・・夕方の礼拝の時が迫る。
僕らは、長距離バスに揺られていたが、急にバスが止まり、乗客がゾロゾロ降りていく。
オアシスも何もない荒涼とした大地の真ん中で始まったのは、絨毯を聖地メッカに向けての祈りだった
一瞬、あっけに取られたが、それだけ生活に信仰が根付いているのだと理解した。
ハラルといわれる食べ物の規制もちゃんとしている。
街中にはモスリム用の食堂と中国人用食堂としっかり分かれていた

偶像信仰をせず、絶対神を信仰、規律が多く改宗は認められない
そんなイスラム教だが、そんな中にも人々は楽しみを見つけている
世界には、色々な宗教があり、色々な教えがあるが、どの宗教が一番だなんて僕には答えられない。
みんないいところもあるし、疑問詞が付くところもある
ただ、みんな他の宗教の事も認め、仲良くなれたらいいと・・・
宗教間戦争は、泥沼になりがちで、長期に及ぶ
世界がひとつの宗教、そんなのは理想なんだろうね
今月のTOP写真を選んで、そんな事を考えてた。

クローンの体調は、ぼちぼち・・・
少しお腹がグルグル言ってますが、痛みは無いですし
今日のお昼は、きしめん食べてきました。
ローカルな話題ですが、大府の「山喜屋」で370円
早い・安い・美味いの三拍子・・ただ、ゆっくりするような雰囲気ではないので、食ったらすぐ席を立たないといけない
店に入って出てくるまで10分弱、駅の立ち食いと変わらないかも^^
美味しいですよ、近くの人は是非^^
スポンサーサイト