FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

今、お昼におにぎりを食べている。

昨年夏に、クローン病の確定診断を受けて、体重が9kg落ちた。
小腸に病変があるため、吸収障害があり、なかなか体重が増えなかった
反対に大腸には、病変が無かったので、多数の人が悩む下痢はほとんど無かった。

どちらかと言うと、症状は軽いほうなので、食事も最初から3回食べていた。
エレンタールも5本飲みながら、3度の食事でカロリーオーバーは分かっていたが、吸収障害があるために、体重の増加は芳しくなかった。
たくさん食べると、やはり体調に悪くなり、でもカロリーを取らないと体重は増えてこない

昨年の今頃から、お昼にお弁当を持って行くようにした。
ご飯を少しと、おかずを持って、しっかり噛んで食べていたので、血液検査で総蛋白やアルブミンは上がってきたが、比例して炎症反応も上がってきた。
思うに、食べる量や質が多かったのかもしれない

11月に、とうとうすごい腹痛を起こし、再燃かと思った。
その時のCRPは1.8、それ以上の痛みだった。
初めて一週間絶食して、なんとか治まった。

その後から、お昼をおにぎりにした。
同じクローン病の「えふいーさん」の食事の仕方をみて、おにぎりなら大丈夫かもしれない・・そう、思った。
それからおにぎり2つをお昼に食べている。
今でも中の具を、色々と変えてくれているので飽きずに食べている。

お昼をおにぎりにしたら、体調が戻ってきて、少しづつ上向いてきた。
時々食べ過ぎて、調子を壊す時もあったが、少しの絶食でなんとか元に戻るようになった。
おにぎり2つだと、お腹も空くこともあるので、最近はバナナを1本食べている。

レミケのおかげか、吸収障害が少なくなったので、体重も徐々に増えている。
お昼をおにぎりにする事で、身体のリズムが出来たのがいいのかもしれない
おにぎり、美味しいよね。
当分、お昼はおにぎりにしようと思ってます。
食べ物や食べ方を変えると、体調にも変化があると、改めて知った出来事でした。

色んな病態の人がいます、どんな方法が一番いいのか分かりませんが、少しでも緩解の時期を長く過ごせるようになればいいですね
スポンサーサイト