FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

今日の独り言<17年間の想い出>

今日は優輝の17回目の誕生日です

優輝が生まれたのは、ニュージーランド・クィーンズタウンの病院

朝の3時頃に破水して、すぐ病院に連れて行ったが、陣痛が来ず、最後は陣痛誘発剤を使った

それでも、なかなか生まれず最後は鉗子で引っ張り出された

大きな声で泣く傍で、かみさんは脱力して力なく笑ってた

立会い出産が普通のニュージーランド、初体験だったが、命の尊さを感じられた

あれだけ痛い思いをして生むんだもの、我が子は可愛くて仕方ないのも肯ける

それから、たらふく母乳を飲み、デブデブになり、ハイハイするのが遅れたくらい

11ヶ月で歩くようになったら、スリムになり落ち葉の上を歩くのが大好きだった

ニュージーランドには、1歳3ヶ月まで居て、帰国

日本でもすくすく育ち、目の中に入れても痛くないような可愛がりようでした

色々な処に連れて行き、特に近くの無料の公園は制覇したんじゃないかと思うくらい、あちこちの公園で遊んでいた

どうした訳か、運動神経をどこかに忘れてきたようで、運動が出来なくてね

親は二人とも、そんなに運動神経悪くないのにね・・・

ま、その分、頭はいいようで、高校も進学校の普通科に通っている

中学の頃から、僕の影響か、写真に興味を持ち、そして山登りもするようになった

同じ趣味を子どもと出来るなんて思いもしなかったので、嬉しかった^^

他愛の無い話も出来るし、僕の持っている知識を与えられる

そうやって、大きくなっていって欲しい

17年も前に生まれたなんて・・・それだけ年を取ったという事だからね

でも、これからどんな道を歩いていくんだろう

それが楽しみでもあるが、これからの地球を考えると不安にもなる

優輝は優輝の道がある、親が口を挟む事はしない

自分で生きてく道は自分で見つけないといけない、そう思うから

がんばれ、優輝・・・父ちゃんは応援してる^^
スポンサーサイト