FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

今日の独り言<送り火の記憶>

何人もの友達が逝ってしまった

お盆に戻ってきた友とまた話しがしたいと思ってしまう

お盆の頃の思い出に、奈良の春日大社で行われる「万灯籠」がある

高校3年の夏、休みを利用して奈良に写真を撮りに出かけた

そして8月15日の夜、友達と一緒に見に行った事がある

境内には無数の灯籠があり、幾つかの灯籠に蝋燭を入れて火を灯すことが出来る

一人1500円の献灯料が必要だったが、二人で灯した記憶が・・

その時は、その火が何を意味しているのか、僕はまだ知らなかった

京都の五山送り火も化野念仏寺の千灯供養もひとつの行事にしか思っていなかった

友が逝って、初めての盆に知り合いが集まって送り火を焚いた時に、この火の淋しさを初めて感じた

精霊流しも同じ、流す時は淋しいんだろうな

人が永遠の命を持っていない以上、誰かの死に直面する事になる

どんなに大切な人でも、いずれ別れないといけない

とっても悲しいけど、避けられない事実

だから、今を精一杯の心で生きていきたいと思う、そして大事にしたいと思う

一期一会の気持ちは、そんな僕の心に寄り添っている

みんな、元気でいようね

悲しい顔は見たくないから・・
スポンサーサイト