FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

今日の独り言<18年という年月>

今日は、子どもの優輝の誕生日

とうとう18歳になりました。

18年前、2960gで産声をあげてから、大きくなったものだ

あの時の事を思い出します

夜中の3時に破水し、仕度をして病院に入ったのは4時前

それから陣痛が始まらないので陣痛促進剤を使うも、効果は薄く・・・

夕方、ジョン・レノンのイマジンが流れる分娩室に入り、最後は鉗子で引っ張り出された

53cm・2960gのヒョロっとした赤ちゃん

最初から最後まで立ち会って、出産の大変さを肌で感じた

僕には耐えられないかも・・・・

生まれてからは、食欲旺盛で四六時中お乳を飲み、2週間も経つと、生まれた頃とは別人のような太りよう

離乳食を始めてからも食欲は落ちず、どんどん大きくなり、平均体重・身長の上を推移していった

11ヶ月で歩き始めたが、その頃からスマートになり、あちこち歩いていた

秋の落ち葉の上を歩くとカサカサいうのが楽しいらしく、何時間でも落ち葉の上を歩いては笑っていた

今考えれば、手のかからない子どもだった

夜鳴きは1~2回しただけだし、断乳もすんなり、トイレトレーニングもすぐ出来、おねしょはした事が無い

でも、小学校までは冬に風邪を引くことが多く、特に幼稚園の頃は半分以上風邪で休んでいた

一人っ子のせいか、ブロックなどで一人で遊ぶことが好きで、完全なインドアな生活だったが、カメラに興味を持ち、昔のデジカメを与えてから外に出るようになった

そして、テレビで山のピークからの映像を見て、登りたいと言ったのは5年ほど前か

山用品の基本だけ揃え、二人で山登りを始めたのが4年前

それから毎年夏に優輝と二人山に登っている

写真を撮りながら、ボチボチ山に登るのも楽しい

今年は、高校3年の18歳、そう受験生

進学校なので、毎週のように模試があり、夏休みも盆休み以外は補講

その中で、今年も何処かに登りに行きたいと思ってる

子どもに伝えられることは伝えていきたい、それがたいして役に立たなくても・・・

うちの子どもに生まれてくれた事を感謝してる

子どもの顔を見るだけでどれだけ頑張れてきたか・・・

子どものためなら・・・と思うことも多々あったし

来年は、もしかしたら近くにいないかもしれない

一人暮らしも必要だと思っている

何処の大学に行くのか、まだはっきりしないみたいだから

子どもの人生は子どものもの、優輝の好きなように生きていけばいい

大学を出るまでは、親の責任でなんとか頑張るから

これから、どんな人生を歩むんだろうな・・・
スポンサーサイト