FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

今日12月21日は、幼馴染のNちゃんの誕生日
普段、全然気にしたこと無いのに、今日ふと思い出した
彼女の僕と同じ45歳、どういう人生を送っているんだろうか?
障害を持つ子供の母親として、最後に逢ったのは11年ほど前の事
自分を持っている強い子だったので、今も精一杯生きているんだろうが。
自分が病気持ちになったら、不思議に人の事を心配をしてしまう
辛くは無いだろうか? 楽しく生きているんだろうか?・・・・
そんな思いが強くなっている。
鬱になった友達もいる、会社を長期休職してる友もいる。僕とは違う難病を抱えてる人もいる。
たくさんの人が、僕より辛い思いを抱えて生きている
少しでも話がしたいと思う、どうする事も出来ない事は分かっているが。
幼馴染の誕生日を思い出して、ふと、そんな事を考えていた
今年の正月は日本だから、友達に連絡して逢いに行こう
スポンサーサイト



コメント

>自分が病気持ちになったら、・・・

私も持病と共生しながらもう20年になりますので、SHUさんの書かれているような気持ち、よくわかります。病気になってから気づいたり、考えさせられる事も多くありますね。
ダウン症の息子を育てている私の親友からも、いつもいろんな事を学ばされ、返って励ましをもらっています。悪い事ばかりではありませんね。
お正月に友人と再会出来るといいですね。



2006/12/22(金) 10:44:38 | URL | くみこ #-[ 編集]

わたしもSHUさんの気持ちすごくよくわかります。
自分が病気を抱えているということ以外、なにも出来ないのに何かしてあげたいって思っちゃう・・・
どうしてなのかな・・・
たぶん、病気の辛さをわかっているからだろうね。
ひとりじゃないよって伝えたいからなのかも・・・
素敵な再会になりますように(*^-^)
2006/12/22(金) 12:05:12 | URL | みきてぃ #BAq4dxkQ[ 編集]

>くみこさん
みんな優しいんですね^^
人から教わることは、たくさんあります
ささやかな優しさも人から教わりました・・・
病気になって、見えることがありますね
友達もどうしているのか?大丈夫だと思いますが。

>みきてぃさん
みんながみんな、そうやって優しくなれたらいいのにね
優しさって伝染しますから、みきてぃさんの廻りも優しさでいっぱいなんでしょうね
やんちゃしないように、気をつけます
2006/12/22(金) 12:42:01 | URL | SHU #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/22(金) 15:43:02 | | #[ 編集]

仕事で健常児と障害児の両方の世話をしていますが、障害児の行動は理解できないことが多々ありますが、とても心が優しくストレートなのでつい目がいってしまいます。
その子供たちの親の対応も色々で、ちょっとでも世話から逃げ出したいばかりの親から(きっと疲れているのと将来の不安からか?)、大切に愛情をかけている親と両方です。愛情いっぱいの子供は障害があってもどこか憎めず、ニコニコしていてみんなからかわいがられます。
ある障害者の母親は「毎日一回はこの子に笑わされている。天使のようだと。」
2006/12/22(金) 23:30:33 | URL | ライオン #-[ 編集]

>ライオンさん
障害のある子は、心が素直な子が多いですよね
僕が知ってる子も、いい笑顔をしています
今の子供達が失った物を、引き換えに授かっているみたいですね
ほんとは、障害がないほうがいいんでしょうが、考え方によっては、幸せなのかもしれませんよ
2006/12/23(土) 19:50:21 | URL | SHU #-[ 編集]

正月はお友達に会えますね。
2006/12/25(月) 17:23:09 | URL | IZUMI #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shu1961.blog50.fc2.com/tb.php/132-9dea10de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック