FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

一昨日、アマ○ンで1枚のCDを見つけた。
昔、LPを借りて、テープにコピーをしたのを大事に持っている。
アルバムとしてもいいが、収録曲の一つにすごく愛着があって、CDを探していた。
そのアルバムは、谷村新司の「海を渡る蝶」
1081年5月に発表されたアルバム、もう26年も前のもの
幸い、リマスタリングで蘇ったので、音質も悪くない
谷村新司の唄はどれも好きだが、このアルバムに収められている「花束ー最後の汽笛ー」は僕の中では最高の一曲。
娘をお嫁に出す父親の気持ちを歌っているのだが、いつの頃か僕の心とシンクロして、涙が出ることもある。
僕には娘はいないが、もしいたらこの気持ちは実感するんだろうな・・そんな事を思った。
かみさんを嫁に貰う時も、この曲が心の中にあって、親父さんの心境を思って、なかなか言えなかったのも確か。
名古屋から埼玉まで3週間、毎週通って、やっと言えた時も帰る間際だった。
僕の中では、大事な1曲なので、手に入れたかった。
ふと探した中で見つけたときは、速攻でカートに入れた。
今日、そのCDが届いて、早速聞いてみたら、懐かしいのと、また身体が震えた。
思い出が手元に戻った気がした
そんな思い出の1枚ってないですか?
いろいろな場面でかかっていた曲は、後になるとその場面にリンクしていて、曲を聴くことによって思い出すことがある。
大切にしたい曲が多いのは、そういう意味でも・・・
また、探してみようかな・・・思い出の1枚
スポンサーサイト



コメント

谷村新司、懐かしいですね。
中学時代はやったなー♪
男の子たちがその影響でみんなフォークギター持ってたし。
女性からいうと谷村新司なら「いい日旅立ち」かなー。
でも旅立てなかった私www

あたしの日記にも書いたけど、「あみん」に会ってみたくてS女大に憧れましたねー。
あの時代のフォークソングには名曲がいっぱいですね♪
2007/03/21(水) 21:43:35 | URL | 桜花(サクラ) #-[ 編集]

>サクラさん
谷村新司はアリスの頃から好きでしたからね
いい歌を書いてると思いますよ
だから、憧れたのかもしれません
僕も憧れてフォークギターを持った口です^^
あみんも良かったな・・・アルバム持っていたような
フォーク全盛だったもの、あの頃は。
2007/03/21(水) 22:06:07 | URL | SHU #-[ 編集]

あるある^^歌って自分のその時の感情や状況とリンクしてて聞いただけで気持ちがフィードバックしてしまう事も。。。若かった自分を思い出して恥ずかしくなってしまうので封印してるアルバムもありました。最近、ようやく聞けるようになってきましたけどね。
2007/03/21(水) 23:37:35 | URL | 絵裏鈴 #-[ 編集]

こんばんは~☆
思い出の一枚ですか!
そういう歌があるって、マジで素晴しい事ですよね♪
自分はまだ一つもないですが、いつか自分も見つけたいです☆
2007/03/22(木) 01:06:19 | URL | 流 #99DFA69w[ 編集]

学生時代、井上陽水の<闇夜の国から>とか、アリス、ユーミン、淺川まきとか、さだまさしなど、友達がはまっていたっていたので一緒にずいぶん聞きました。
今聞くとそれは単に一曲の歌ということではなく、そこに<思い>や<思い出>が入り込んでいます。
2007/03/22(木) 10:40:39 | URL | #-[ 編集]

>絵裏鈴さん
昔の自分を思い出す歌ってありますよね
失恋した時にかかっていた曲は、今も耳にすると、そのときの感情が蘇ってきますよ
聞かないと・・封印した曲でも、時が経つと雪が解けるように聞けるようにもなりますよね
大事な曲は尚更の事・・・いい歌に巡りあいたいですよ^^

>流さん
これから、いくらでもそういう曲ができてくるよ
まだ、懐かしがる年でもないだろうし^^
頑張って、食事の再開を続けていこうよ

>ライオンさんかな?
同じ世代なんでしょうね、同じような曲を聴いて育ってます
単に懐かしいというより、自分のあの頃にリンクしているので、照れくさかったり、恥かしかったり・・
でも、そういう曲がたくさんあればあるほど、いろいろな自分を思い出せて楽しいかも・・・
でも、辛い自分も思い出しちゃうかな、それはそれで自分なんだから、仕方ないですよね^^;
2007/03/22(木) 18:27:24 | URL | SHU #-[ 編集]

私、名前を書き忘れていた?
<ライオン>てわかっていただいて嬉しいです。
2007/03/22(木) 22:37:38 | URL | ライオン #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shu1961.blog50.fc2.com/tb.php/215-ebe8b8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック