FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

この前、イレウスになった時の事を振り返ってみる。

土曜日の昼間では、問題なく絶好調だった。
でも、お昼も結構食べた。

そして、夜はお鍋。
海鮮鍋で、牡蠣も入れてもらい、美味しく食べてた
最後にうどんを入れてもらったので、食べ過ぎちゃったみたい

中に入っていたシメジが美味しくて、結構食べちゃったもんな
イカも少し食べたし・・・狭窄持ちなのに、自覚が無かったですね

でも、今まで何を食べても詰まった感じが無かったんです
海草も牛蒡もそしてきのこも・・・・蒟蒻や筍などは、食って無かったですが
それが、過信を生んじゃったんですね

シメジも良く噛んで咀嚼してやれば、良かったのかもしれませんが、大きいまま食べちゃったので、詰まってくださいって言っているようでした。
でも、食わないほうがいいですね

クローンになって、狭窄があると分かった時点で、もっと節制しなくちゃいけなかったんですね
自分の中で、レミケでも閉塞しなかったんだから、大丈夫なのかも・・・という考えがあったのも確かです。
実際に狭窄してるのにね、それも酷い^^;

今回のイレウスは、いい勉強になりました
食っちゃいけないものは、食わない・・特に詰まりそうなものは控える
一週間、久しぶり絶食・フルエレンだったので、辛かったですよ
最近は、レミケで絶好調だったので、よく食っていたし^^

これから、気をつけて行きます
皆さんも、気をつけてくださいね
今日、調子よくても、明日悪くなるのが、僕らの病気ですから
元気に頑張りましょう^^
スポンサーサイト



コメント

「絶対、後悔はしない!!」って思いながら食べて、後悔をするんですよね。。。
繊維質なもの、山菜、あとはストレスですよね。いつかそんなことを考えずに思いっきり食べる日が来ることを祈りましょう!!
2007/10/23(火) 21:54:50 | URL | ポー♀ #-[ 編集]

>ポー♀さん
後悔しない・・と思って食べても後悔しちゃうのが僕らの病気ですよね
繊維質系はヤバイですね、実感しました
そんな事考えずに食べられる日が来る事を祈りましょうか、一緒に^^
2007/10/23(火) 22:02:19 | URL | SHU #-[ 編集]

振り返る余裕が出来てよかったですね。

私も、ここ数年イレウスは年中行事になってしまっています。

慣れたくないけど、予兆が感じられるようになると、入院しなくてすみますよ。
2007/10/23(火) 22:37:23 | URL | 信州無宿 #-[ 編集]

僕は今のところは狭窄とかないですが、いつなるか解らないので、そのような話を聞くと少し不安です。

この病気は油断禁物って事ですね!

2007/10/23(火) 23:37:30 | URL | コンドル #-[ 編集]

大変でしたね~
でも、落ち着いてきたみたいで良かったですね
入院、避けられて良かった^^
食物繊維の多い食べ物には、くれぐれも、用心して下さい。
2007/10/24(水) 18:44:57 | URL | izumi #-[ 編集]

快方へ向かわれているようでよかったです。
食べすぎは慎まなくてはならない・・・自分にも当てはまりそうです。
2007/10/24(水) 19:56:21 | URL | denca #vZn1Yuow[ 編集]

>信州無宿さん
やっと、振り返る余裕が出来てきました。
終息宣言出していいかな・・・って感じです
イレウスが年中行事には、なりたくないな~
気をつけていきますね

>コンドルさん
狭窄がないのは、羨ましいです
これがあるばっかりに、色々制限もありますし、イレウスの恐怖もありますから
油断大敵ですね、僕らの病気は

>izumiさん
やっと、落ち着いてきました
入院勧告をずっと保留にしてきて、少し心配してましたが、仕事も忙しかったので^^;
繊維系のものは、用心します
もう、詰まりたくないですからね

>dencaさん
ありがとうございます、やっと落ち着きそうです
食いすぎには注意しないとね
過信してました、反省^^;
2007/10/24(水) 22:31:04 | URL | SHU #-[ 編集]

狭窄のある人は、大変ですよねぇ~。(まだ、他人事)

こうやって経験を積んで、自分の体を知っていくんですよね。
2007/10/27(土) 10:40:00 | URL | えふいー #90AqmUuY[ 編集]

>えふいーさん
今回まで、狭窄を強く意識した事は、少なかったですが、甘くみてましたね
経験で回避するしか無いんでしょうね
やっぱり厄介な病気です^^;
2007/10/27(土) 17:08:00 | URL | SHU #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shu1961.blog50.fc2.com/tb.php/344-332ca9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック