FC2ブログ

クローン病とともに

クローン病になった日から、これから続く共生の日々を綴っていきます

今日の独り言<思い出される時>

人は、辛くなると、楽しかった時を思い出すという

でも、楽しかった時が無かった人はどうするんだろう?

そんな人はいないんです

誰でも、大なり小なり楽しかった時を心の中に仕舞ってある

それに普段は気がつかないだけで・・・

僕は、ふと思い出す時がいくつもある

ネパールでエベレストを見に2週間近く歩いて、5545mの丘から望んだエベレストがそれはもう綺麗で2時間以上も見続けていたあの時

東南アジアを1ヶ月くらい一緒に旅した女の子と最後に空港で交わした言葉
「昨日は全然寝れなかった・・・」
「俺を起こせばよかったのに」
「うん・・・」

まだ、かみさんと付き合っていた頃、一緒に帰国して1週間でかみさんはうちに遊びに来た
新幹線の出口から、一目散に走ってきて「ただいま」と言ったあの時

奈良の写真を撮っていた頃、自分が一番だと思うその景色の絵を描いてみた
そして、その絵の通りに撮ろうと何度も足を運び、何度も失敗し、それでも諦めずに撮り続けて、初めて一緒の写真が撮れたとき

小学校の3年の夏に転校をし、秋の学芸会の劇で博士役をやらせてもらって、みんなと仲良くなれたが、その衣装を作るのにおふくろが苦労しているのを見ていたあの頃

高校を卒業して、就職で東京に行く日、名古屋の新幹線ホームで目を真っ赤にしてたおふくろの顔を見て、涙が出そうになったあの時

金沢から福井に転勤になり、寮での送別会に会社の女の子が花束を持ってきたりして楽しかった
そんなみんなの輪の中で、突如一人孤独感にさいなまされたあの時

ニュージーランドを自転車で旅を続けていたとき、綺麗だと聞いていたテカポ湖のエメラルドグリーンの湖が目の前に飛び込んできた時

まだまだ、書き続ければ、いろんなときが思い出される

そういう思い出たちがあるのは幸せなのかもしれない

疲れてくると、思考はどうしても後退的に動き、ネガティブになりやすい

今回の災害から1週間しか経ってないのに、色々なトラブルが続き、国民全体が疲弊しているように思う

明るい話題が一つでもあれば、また明日を迎える活力になる

頑張っている人がたくさんいる、だから少しでも力になりたい

きっと復興できる、また笑顔が取り戻せると思ってる

そうやって、無理にでも気持ちを前向きにしてやるのも大切なのかも・・・

つらい時、楽しかった時を思い出しましょうよ

そして、頑張ろうね
スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shu1961.blog50.fc2.com/tb.php/590-b003d4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック